電力自由化で選べる電力会社ランキング(神奈川で一人暮らし向け)

トップ > 電力自由化について > ベッドタウン神奈川はコスト削減意識から電力自由化

ベッドタウン神奈川はコスト削減意識から電力自由化

 東京都心へのアクセスも便利であり、県内から東京への通勤者が多い神奈川は、東京のベッドタウンとして開けてきたという面を持っています。
 必然的に住宅街も規模の大きなものとなり、毎日の生活が多くの人によって営まれています。今や生活していくにあたって電気は必要不可欠であり、ほんの数十分の停電でもパニック状態に陥ることもあるでしょう。
 これが数時間、一日といった単位で続いたら、それこそ日本国中で大混乱に陥ってしまうほど、さまざまなものが電力をエネルギーとして動いています。
 便利な家電が家の中にいくつもあることを考えると、それだけ多くの電気を使っていることを改めて意識せざるを得ませんが、それだけに電気代のコスト削減には注意を払っているという人も多いでしょう。
 そのコスト削減が大幅に実現できると期待されたのが、2016年4月から一般家庭を対象にまで広げて始まった電力自由化でした。


 ただ、ふたを開けてみたところ、新規参入事業者もかなりの数に上ったこともあって、どこがどう違うのかよくわからないという声もよく耳にすることになりました。
 高齢者世帯では、携帯電話やインターネットプロバイダからの電力契約の案内が来ても、なぜ電気と携帯なのかということが理解できず、結局は乗り換えることなくそのままというケースが多数派を占めています。
 一方で、コスト意識が高い家庭では実際に乗り換えを行い、これまでよりも料金引き下げに成功しています。
 電気料金そのものが安くなる場合もあれば、契約先によって例えばガソリン代が安くなったり、寒冷地では石油ストーブに使う灯油が安く買えたりといった、付加価値的なコストの削減を実現した契約先もあります。


 大都市の神奈川なら、電力会社の乗り換えを筆頭に、新規参入事業者で魅力的なプランを出しているところに変更することで、コスト削減が実現する可能性はかなり高いといえます。
 なんといっても首都圏を構築する都道府県の一つですので、事業者が数多くあるからです。どのくらい削減できるかは、これまでの電力使用状況にもっともマッチする安くなるプランを、どこの事業者が提供しているかを見つけ出せるか否かにかかっています。
 もしも見つけ出すことができれば、変更という手続きだけで間違いなくコストの削減が実現するでしょう。
 基本料金がかからないプランなら、毎月基本料金分が削減できますし、一律で大手電力会社より数%オフとしているのなら、削減できる金額も明確になります。

ページトップへ